スピマス関連書籍紹介

その1 スペシャル本編
その2 スピマス・マガジン系特集号

その1 スペシャル本編

「グリーンアローグラフィティー 49
  オメガスピードマスターマスターブック」
 株式会社グリーンアロー出版社 発行
 スピマスとNASAの共に歩んだ歴史が主体です。X-33の開発にまつわるエピソードとプロトタイプの写真が豊富です。X-33好きにはお奨めです。Q&Aが充実しています。

オメガスピードマスターマスターブック の詳細を見る(by Amazon.co.jp)


「20世紀の記憶装置
   オメガ・スピードマスター」
 株式会社ワールドフォトプレス 発行
 とにかく値段が高い、重い、NASAの写真集です。でもすごい写真が一杯です。スピマスマニア以上にNASAマニアに送りたい一冊です。 この本の真髄はオメガ・スピードマスター・ファミリーの年表です。発表年、キャリバー、Ref.、モデル名が53年分10ページにわたってビッシリ書き込まれています。凄い!!

20世紀の記憶装置―オメガ・スピードマスターの詳細を見る(by Amazon.co.jp)

「Beginスーパーアイテム叢書8
   オメガ スピードマスター」
 株式会社 世界文化社 発行

 
お馴染みBeginスーパーアイテムシリーズのスピードマスター本です。スピードマスター本は大概NASAと宇宙の歴史に走ってしまいがちですが、この本はその辺はそこそこに、時計自身の歴代モデル紹介、スピマスのブレスレット、歴代ムーヴメントや歴代カタログコレクションなど時計そのものの変遷を追っているところに面白みがあります。さすがBegin編集部といったところですか。

オメガスピードマスターの詳細を見る(by Amazon.co.jp)

「THE OMEGA BOOK
   -オメガ150年の奇跡-」
  株式会社 徳間書店 発行
 まさしくオメガの歴史です。スピマスよりも30mmキャリバーに興味がある方向けです。 オメガ博物館秘蔵のお宝が十分官能できます。オメガ関連商品の紹介がほのぼのしますね。ライターなんて欲しくなっちゃいました!

THE OMEGA BOOK―オメガ150年の軌跡 の詳細を見る(by Amazon.co.jp)

「THE SPACE & WATCH
 月着陸30周年とオメガスピードマスター」
 株式会社グリーンアロー出版社 発行
 これは完全に写真集です。前半はNASAの宇宙計画、後半はスピマス。 とにかく理屈抜きで綺麗です。地球をバックに宇宙遊泳する宇宙飛行士の左腕にはめられたスピマス。何の防護も無く高温、真空、紫外線にさらされて動き続けるスピマスは、すごいと言うよりけなげ!?

ザ・スペース&ウオッチ―月着陸30周年とオメガスピードマスター の詳細を見る(by Amazon.co.jp)

「THE MOON WATCH
 The First and only Watch
      Worn on the Moon」
   OMEGA SA
 OMEGA社より1994年に月着陸25周年を記念してリリースされた記念本です。翻訳によって英語版、ドイツ語版、フランス語版があります。私のは英語版です。OMEGA社の歴史やNASAの貴重な画像が楽しめます。かなり豪華な創りで当時1万円くらい(定かではありません)で限定販売されたと思いましたが。



▲ページトップへ


その2 スピマス・マガジン系特集号

「即買い!10万円ロレックス
   購入マニュアル2004」
     英知出版株式会社発行

 当サイトとスピマス野郎BBSの常連さんたちによる第1回OFF会の模様が掲載されました!顔出しなんで恥ずかしいなー。でも皆さん良い人ばかりで、とても楽しいひと時でした。OFF会の模様はユニティさんのレポートで別に紹介していますので、ご覧下さい。→第1回OFF会レポートへ

即買い!10万円ロレックス購入マニュアル―最新版 (2004)の詳細を見る(by Amazon.co.jp)

「モノマガジンNo.157」
 株式会社ワールドフォトプレス発行

 「オメガ・スピードマスター博物館 宇宙に行った小さなメカの神話」と言うタイトルで巻頭カラー20ページの特集です。 NASAと共に歩んだ、スピードマスターの歴史がメインです。60年代のスピマスの写真が豊富です。ただしスピマスの歴史なのにファーストモデルの写真が一枚も載っていないのは残念!!

「INTERNATIONAL
   WRIST WATCH No.14」
     株式会社二玄社発行

 全世界的に発刊されているIWW誌の日本語版。毎回色々な時計の特集記事が組まれます。この号は待望のスピマスプロ特集。貴重な画像が盛りだくさんです。年代別の変遷、限定物紹介、ブレス比較、ケース形状比較など写真で見せます。

「INTERNATIONAL
   WRIST WATCH No.15」
     株式会社二玄社発行

 この号はスピマスのオートマティックモデルに的を絞った特集です。MARKシリーズから125、初代オートマ、現行デイト、デイデイトと色々な角度から検証しています。プロ愛用の私ですが、思わずオートマも欲しくなっちゃいました!


「INTERNATIONAL
   WRIST WATCH No.24」
     株式会社二玄社発行

 この号は2度目のスピマスプロ特集です。まさしくスピマスの変遷・歴史が写真入りで紹介されています。筆者のスピマス研究第一人者、瀧澤 広氏の面目躍如といったところです。

「INTERNATIONAL
   WRIST WATCH No.26」
     株式会社二玄社発行

 1960年代、天文台クロノメーター・コンクールで名実共に世界一を独占し続けたオメガ社と、それを追い続けた当時第二精工舎の技術者だった3人の対談がとても面白い。スピマスをはじめ当時のオメガの色々な時計の紹介もあり。

「GetNavi Vol.6」
  株式会社学研研究社発行

 「デイトナ・スピードマスター頂点モデルの魔力」。この2つのクログラフ両巨頭を、巻頭カラーで総50ページに及んで特集してます。 時計業界、漫画家などの時計のご意見番的な方々のコメント記事が豊富であり、そのコメントに唸らされました。スピマス・グレー文字盤がキムタク人気になる一年も前に、既に取り上げられていますよ。

「GetNavi 平成11年11月号」
  株式会社学研研究社発行
 「クロノグラフ大全」と題したクログラフ特集の中の一本に「オメガスピードマスター21世紀への展望」と言うタイトルで、10ページオールカラーで特集されてます。 アポロ13号の奇跡の生還とその時の有名な14秒間の逆噴射にスピードマスターが使われた話が圧巻です。また、新旧手巻きムーヴメントの徹底比較の写真が絶品です!

「腕時計王 Vol.2」
  KKベストセラーズ発行

 「オメガ伝説ウォッチ完全読本」と題して、オメガのスポーツモデルとオリンピック、宇宙、深海との関わりの歴史と代表的モデルを紹介しています。カタログの延長的内容です。

「腕時計王 Vol.4」
  KKベストセラーズ発行

 「オメガ【使い方】掌握マニュアル」と題して、人気9モデルの使用法がオールカラー写真で紹介されています。ここまでびっちりと説明されていると、時計に付属のホンマ物のマニュアルが何と貧弱かと言うことが、良く解かります。でもどのモデルも大して使い方は変わらないのですが・・・。

「Watch @ gogo No.18」
  株式会社ワールドフォトプレス発行
 Watch @ gogo恒例、「GO!GO!アンティーク」のコーナーで、今月のSPOTにスピマスが当てられています。色々なタイプのスピマスの、ショップ売り価格相場が解かってとても面白いです。 町で一般ピープルにお好きなスピマスを選んでもらうコーナーもあります。

「時計Begin Vol.21」
  株式会社世界文化社発行

 「オメガスピードマスター大捜査網」と題して、時計Begin.netオークションとの連携記事になってます。ファースト、セカンド、サード、フォースモデルの写真が特に豊富です。また価格相場も良く解かります。同じ時期のモデルでもマイナーチェンジが頻繁に行われていた事が良く解かります。Goodな内容です、お奨め!



▲ページトップへ