【 1】【 2】【 3】【 4】【 5】
【 6】【 7】【 8】【 9】【10】
【11】【12】【13】
【14】【15】

【16】【17】【18】【19】【20】
【21】【22】【23】【24】【25】
【26】【27】【28】【29】【30】
【31】【32】【33】【34】
その13 
ご投稿について・・・
■スピマス野郎会員 No.54■ sige さん;スピマスプロ (1997年購入)、INCIPIO ゼログラフ#6 (2002年購入) 掲載日;'02/10/19

 
1997年の夏に当時付き合っていた現妻に「欲しいんだったら買えばいいじゃん!」と尻をたたかれ、思い切って購入。何種類もの中でももっとも文字盤がシンプルで、見やすい「Professional」を選択、毎日巻いています。もう5年たつので、そろそろオーバーホールに出そうと思ってます。並行輸入で購入したので、どこに出して良いのかわからず、どなたか教えてください。ちなみに私は名古屋近郊在住です。
添付した写真の一つにSpeedmasterと一緒に写っているのは、最近購入した「INCIPIO ゼログラフ#6」です。賛否両論あると思いますが、個人的には「なんちゃってR*L**」が欲しかったので購入しました値段のわりには良くできていると思います。


■スピマス野郎会員 No.55■ Ken坊 さん;Speedmaster 2nd 1962年製 掲載日;'02/11/10

 
昨年に手に入れた時計です。コリガンズジュエリー店の店印付きギャランティーカード、リファレンスはCK2998、ダイアルはオリジナルですが、夜光は経年変化しています。プッシュボタンは小型のオリジナル。クロノ針はセカンドモデルの初期型に見られる、ストレート針です。 ケース、ムーブメント、オリジナルのキャタピラブレスの状態も良好です。先日OVHを済ませたばかりですので、精度、リューズの滑らかさ、プッシュボタンの手応え等、全て最高です。写真ではベゼルがタキメーターですが、現在はテレメーターに変更しました。

■スピマス野郎会員 No.56■ zari さん;シ−マスPROスピマスPRO 掲載日;'02/12/24

 
初めは、仕事などでも使用するのに、カレンダ−付きのシ−マスPROを購入したのですが、やはりスピマスPROも欲しくなってしまい、後日購入してしまいました。2本とも現行型なので、皆様所有の物とは価値が違うと思いますが、私の可愛いコレクションたちです。スピマスと言えば、やはり宇宙と思い、合成写真も1枚作成してみました。

■スピマス野郎会員 No.57■ 毅真@横浜 さん;スピマスPRO&R社EX1 掲載日;'02/12/29

 
12月のボーナスを待てずに、我が家の財務大臣を説得してスピマスプロを購入しました。10年程前にスピマスオートを所有していたのですが、不具合が多く手放しました。今回スピマス野郎に無事復活しました!一緒に写っているR社のEX1は、スピマスオートの後に購入し約8年が過ぎましたが、現在も快調に時を刻んでいます。

 スピマス1stレプリカ 追加掲載日;'13/4/9
3570.50を手放してしまい、スピマスから遠ざかっていました。この度縁あって1st.レプリカを購入し、スピマス野郎に復帰いたしました。今度は末永く愛用したいと思っております。

■スピマス野郎会員 No.58■ なかひろ さん;スピマス ブロードアロー 3551.20(上段) & 1st.レプリカ・裏スケ化カスタムモデル(中段) スピマスプロ裏スケ・金機械(下段)〜銀文字盤カスタム 掲載日;'03/ 9/23(Update)

(上段) 
こちらのページからリンク頂いている時計サイト「なかひろ時計館」の管理人なかひろデス。時計は色々と持っているのですが、新たに現行のクロノグラフが欲しくなり、このブロードアローを購入しました。時計の裏蓋を開けることを“ライフワーク”にしているので、入手後すぐに裏蓋開け。フレデリック・ピゲの機械とご対面です。とても奇麗な機械ですね。ケースの質感も非常に高くて大満足。同じ時計を持っている方、情報交換しましょう。

なかひろさんからの続報・・・ブロードアローを裏スケ仕様にカスタムしました(上段右画像)。手巻きスピマスとは微妙に作業が異なります。裏蓋径が一緒なので、シースルーバック(裏蓋)が用意できればそれほど難しい作業ではありません。

(中段) ファーストレプリカです。この時計の裏スケ化を考えていたのですが、偶然にもカスタム済みの時計をを発見し入手しました。ただしスペーサーに使っていたのは見栄えの悪いアルミくず。安定も悪いので新たにプラスチックで自作しました。なお、外れたプッシュボタンの修復にあたっては、おじゃるサンにアドバイスを頂いております。

(下段) 現行にはない金機械を載せたシースルーバックです。金機械のあまりの美しさに”裏蓋”を外して直に観察。この金機械も製造年により微妙な変更があり奥が深い。またまた、おじゃるサンにご講議を受けた次第です。

なかひろさんからのカスタム続報・・・1980年に記念発売されたアポロ11号月面着陸10周年記念モデルのホワイトゴールドバージョン、、、、ではありません。それを模したカスタムです。文字盤と黒いハンドを入手して裏スケモデルに組込みました。ベースは黄金メッキ機械のモデルです。なかひろさんのカスタムページです。


その13 


(C)Copyright 2001-2004 Ojaru All Rights Reserved