スピマス裏技 MISSION ; 1 MISSIONS;
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】
【6】
【7】 【8】 【9】 【10】
【11】【12】【13】【14】【15】
【16】

ステンレスバックモデルのスケルトン化プロジェクト

 今回はCal.321のフォースモデル裏蓋をあえて交換に使用しましたが、基本的には入手できるスケルトンバックが、現行Cal.861(1861)系のものですので(Cal.321の純正スケルトンモデルなんてないですもんね)、Cal.861系で行うのが正当なカスタム方法になります。しかしスピードマスターの新旧パーツの互換性には驚かされます。Oリングに関してですが、別途用意する必要があります。スケルトンバックには付属しません。私はパーツ屋さん(機械部品屋)にて入手しました。大まかなサイズは内径29.5〜30.5mm、太さ1mm前後(画像参照-こんな感じです)、材質に関しては申し訳ありませんが解かりません。このOリングとスケルトンバックの内側の縁部分でムーヴメントが固定されますので、必ず装着して下さい。

 
【注意】 *専用の工具類を使う事をお奨めします。(時計保持器、裏蓋オープナー、耐磁製ピンセットなど)
        *内部の機械には絶対触れない様に、慎重に作業して下さい。
       *誇りや塵などが入らない環境で作業して下さい。
       *手の汚れ、油などが内部に付かない様に作業して下さい(作業用指サック使用が良いですね)。
       *新品や整備済み個体の場合、裏蓋開封により保証期間内であっても、
        保証を受けられなくなる事がありますので、ご了承の上作業して下さい。
       *とにかく無理はしない様にしましょうね(^^) 蓋が固くて開かない様なら素直にプロに任せましょう!
        キズだらけになって後悔しても後の祭りです・・・。
       *カスタムメイドはあくまでもご自身の責任に於いて施工されることをお願い致します。


1.サファイア・スケルトンバックとOリング、そしてノーマルのステンレスバックのスピマスを用意します。
今回はCal.321のフォースモデルを使ってみました。
2.裏ブタ、インナーケースを丁寧にはずします。オープナーおよび固定台などは別にご用意下さい。
3.Oリングをインナーケースがはまっていた枠の外側に慎重にはめます。この時ピンセットなどで、ムーヴメントを突かない様に気をつけて下さい。 4.Oリングはしっかりとはめて下さい。変な位置にはめると、裏ブタでOリングを破損します。また、このOリングを入れ忘れるとムーヴメントがケースの中で固定されず、ガタガタと動いてしまいますので、忘れずに!
5.Oリングがはまったところです。Oリングが無い場合、ゴム板などをサイズ合わせしてリング状に切り出したスペーサーを挿入する事で機械の固定は出来ます。
6.用意したサファイア・スケルトンバックを取り付けます。間違ってもインナーケースを入れない様に。ガラス越しにインナーケースが見えるだけになってしまいます!
7.しっかりと裏ブタをねじ込んで完成!! 何とCal.321の裏スケモデルの出来上がり!!
色々な裏ブタでバリエーションを楽しんでみましょう!  サファイアスケルトンバックの入手に関して
当方でスケルトン裏蓋を販売しておりますので、必要でしたら「スピマス野郎営業部」を覗いてみて下さい。もちろんオメガ純正パーツです。のメーカーでは一般にはパーツ単体での販売をしておりません。当方でスケルトン裏蓋をご購入頂き、自分で換装するのは自信が無いと言う方には、工賃サービスで換装を施工致します(当方作成の機械固定用スペーサー込み)。その場合、時計の往復送料は別途ご負担頂きます。


■注意■ あくまでも洒落の範囲で行って下さい。また、この裏技を実行した事により大事なスピードマスターを故障、破損させても当方は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。



(C)Copyright 2001-2004 Ojaru All Rights Reserved