OFFLINE MEETING Vol. 01 1ぺ〜じ

2003年8月25日(日)18:00。
冷夏といわれたこの夏には珍しく、この日は猛暑ともいえる蒸し暑い日となった。
駅から会場までのわずかな距離も、汗が止まらないほど。
場所は横浜石川町駅からすぐの中華街。四川料理で名高い「景徳鎮」である。
ここで栄えあるスピマス野郎第1回OFF会が開かれた。

 入り口には、「 歓迎光臨 RGSOC 様 」の文字が。
 これは予約のときに得体の知れない団体と思われては困るため、
 「スピマス野郎」の名前では名乗らなかった幹事のせい。堪忍。

 会場一番乗りは、幹事を差し置いておじゃるさんでした。(さすが
 がちゃ(ドア) 奥におじゃる氏が鎮座。
 ユニティ「あ、どうも...」
 おじゃる氏「すいません、灰皿。」 
 ユ「? あの、私、幹事の...」 
 という会話はまったく無かったですが、
 「最初、フロア従業員かと思った(笑)」とは、おじゃる氏後の談。



次に現れたのは取材陣。
編集のAさん、そしてカメラのBさんは大きな機材バッグを担いでの登場。
本格的だぁ!当初のハナシでは、「ちょっと」写真をとるだけじゃ?(焦るユ

そして久しぶりだ、HAL氏も登場。(その節は御世話になりました。


ONOZさんが御宝らしきアルミケース(メーカー未確認スマソ)を持って、
そしてこれまた大きなバッグでMIURATさんが、と次々登場。

ONOZさん、MIURATさんから資料が出てきて
食い入るように拝見。(見れんかった..)


挨拶を交わしたところで、乾杯〜。 
緊張(幹事のみ?)しながらOFF会が始まった。(この瞬間を実現したい一心だったので、勝手に感慨ひとしおなユ。
料理が次々と運ばれてくる中、談義が進む。
(みんな話しに夢中で料理そっちのけだったので、あらためてここに料理の名前を差し挟みながら、報告しよう。


ひとしきり自己紹介的お話。― 五種冷菜盛り合わせ ―
みなさん、いろいろな職業です。でもやはり世代、第一線のベテラン揃い。




オークションの話。
「最近、良いのが無いよねぇ。」

ビットの苦労話や輸送事故、故障の話。
「ひどい出品者も居るよね。」
「ONOZさんに部品回してもらって助かりましたねぇ」などなど。― フカヒレ姿煮 ―


ここでWatterさんが登場!
しかも凄い特製旧ゼロハリカスタムだー。かっこいい!重い!中身に期待。




海外での仕事の話。ショップなど探索した時の苦労話。
これは面白い話がいろいろ出た。
「USAはなんでぴかぴかに磨いちゃうんだろーね。」「イギリスなんか...」
「ドイツは比較的...」「ドイツはひと頃、出物が良かったよね。」云々。
みなグローバルな時計ハンターの一面を見せてくれる。

「そういえばbuckさんは、どの辺でしたっけ?」「たしかスイス寄りの町で...」― ホタテ・文甲イカの海老卵炒め ―
buckさん@地中海でくしゃみ?


また、スピマス世代のアポロ月着陸への感動と思い入れが話される。
若い世代とはちょっと違うんだよね。一同頷き― 北京ダック ―


「もう、料理をさっさと食べちゃって、テーブル広げて、お宝出しましょう。そうしないと始まらない!」ってんで、ガツガツ。(笑
みんな待ちきれない想いでいっぱい。― 車海老のチリソース煮 ―



 「こりゃいかん。buckさんに画像つきリポートを頼まれてた」
 あわててカメラを出す。― 魚すり身澄ましスープ ―
 とりあえず、談笑の風景をとらなくては。(アセアセ

 「はい、笑顔くださーい」
 白ブロアのキマッテるONOZさんです。やっぱ夏は白ですねぇ。



ちょっと照れた笑顔のWatterさん。
時計(イタ限でしたっけ?スマソ)を見せての
キメポーズも在ったのですが、
こちらのほうが笑顔が「イイッ」ので採用。


「さぁ、テーブルのここを空けて、いよいよ...」


次のページへ