【 1】【 2】【 3】【 4】【 5】
【 6】【 7】【 8】【 9】【10】
【11】【12】【13】
【14】【15】

【16】【17】【18】【19】【20】
【21】【22】【23】【24】【25】
【26】【27】【28】【29】【30】
【31】【32】【33】【34】
その10 
ご投稿について・・・
150周年記念
 通称「イタリア限定」モデルです。腕にしているとかなり目立ちます。1863も863に負けず劣らずの美しさでうっとりです。

ムーンフェイズ
 1171/1付きの物ばかりが市場に目立つ中、1450付きでかなりいい状態の物を発見できて満足しています。

2nd
 ぱっと見て「ん?なんじゃこりゃ?」というクロノ針(恐らくシーマスのものではと推測・・・)がついておりましたが、時分針のサビ具合がいい味を出していたので購入しました。スモールセコンド等が全てドルフィンになっており、最初期の物と
思われますが、何故かRefはck2998-3(シリアルは17xxxxxx)です。
 もうひとつ不思議な点はクラスプです。ブレスのRefは1039ですがご覧のクラスプです。しかもブレス幅はあきらかに19mmです。こんな1039に出くわしたのは初めてです。ストレートクロノ針のみを探索中です。

スピマスプロ アポロ13号25周年限定モデル
 言わずと知れた?13号25周年モデルです。普段使いにはしていませんが、週に1度は巻き巻きしてあげております。久々に腕にはめたら、太ったのかブレスがパッツンパッツンでした(T.T)。コマを足さねば・・・。
スピマスプロ MISSIONSアポロ11号モデル
 buckさんからリクエストがありましたのでとりあえずスモールセコンド部分をアップにしてみました。
スピマス3rd 105-003
 Ref105.003の64年物です。ダイヤルの夜光がいい感じに焼けているところがgoodです。風防もフラット物がついているのですが、惜しまれるのはオリジナルのタキメーターでは無いことですね。
我が家のスピマス達です。
 (上左)からMissions11号、(右)13号25周年、(下左)おじゃるまるさんからお譲り頂いた11号30周年、(右)90年前半裏スケ、(下左)1stレプリカ、(右)近所の質屋で発見した1479ブレスの11号20周年、(手前)そして3rd。20周年用に1450ブレスを気長に探そうと思います。
■スピマス野郎会員 No.40■ slayer さん; 掲載日;'02/2/26-8/1(Update)

(APOLLO物2モデルを軸に記念モデルとレプ、スケルトンなど手巻きの要所要所を抑えたコレクションですね。11号モデルは今では13号よりもずっと入手の難しいモデルです。ご馳走様でした!GOOD!!;おじゃる談)


■スピマス野郎会員 No.41■ 影丸 さん; スピマス各種 掲載日;'02/3/2

 *(画像上・左右、下・左) アポロ11号月面着陸記念モデル 2001年に中古を手に入れました。時計のみです。香港の質屋で購入された物らしい。裏蓋にシリアルは入っているがベゼルはなぜか黒。茶のベゼルと字体が違う。(^^;
 *
(画像下・右、左から順に) 裏スケスピマスプロ 金メッキのCal.863 ’91年新品購入。自動巻緑文字板 ’94年購入。丸井の特注品?ベルトも緑。自動巻ピンクゴールドベゼル ’92年香港で新品購入。自動巻白文字板 ’90年新品購入。(Cal861  Ref.ST145.022 オーバーホール中のため画像無しです。’86年新品購入。かまぼこSSブレス。)

(お宝登場ですね。このモデル、以前TVの某局放映のお宝鑑定番組に登場し、¥900,000位の鑑定結果が出てましたっけ。歴史に名を馳せたモデルとして歴代スピマスファミリーでは、正しくお宝中のお宝でしょうね。;おじゃる談)

■スピマス野郎会員 No.42■ buck さん; スピマスプロ ミッションズ・アポロ15号、オートマティックデイト 掲載日;'02/3/17

 このMISSIONSは出先の街の時計屋でなにげなく新品で見つけたものです。他にもいくつかあった中でこれを選んだのは、まずこの色使いが目を引いたのと、15号が僕の生まれ年に打ち上げられたものだからです。 14号と15号どちらも同じ年に打ち上げられ、また在庫もあったのですが、このイタリアンデザインのパッチの15号にひと目惚れでした。 もうひとつの3511−50は僕の初オメガでまた初e-bayで落とした、僕にとっては記念すべきモデルです。 98年8月購入だそうです。 現行デイトよりこちらの方が好みです。個人的にはスピマスオートの装着感の方が好きです。(腕を動かすたびにギュイーンというあの感触です。) これは毎日寝るときも一緒です。どちらも大切に長く付きあっていきたいと思っております。

(ドイツ在住のbuckさんからの投稿です。ドイツのスピマス事情のご報告もありました。「アポロ購入後にもあるアンティーク時計屋ではアポロ11号のパッチが同梱されているなにかの記念モデルらしき物やcal.321モデルなどもありました」、「日本のように法外な値段がついていたりする事もあまり無い様に思います」(buckさん談)との事。ジャーマンモデルなどがある様にドイツでもスピマスは人気時計で本数も出ているでしょうから、こつこつ探せば飛んだ掘り出し物にめぐり合える様ですね!;おじゃる談)


■スピマス野郎会員 No.43■ Wacker さん; スピマスプロ ムーンフェイズ Ref.3575-20 掲載日;'02/3/25

 
私が現在所有している時計で唯一のクロノグラフ、唯一の白文字盤、唯一の新品購入です。去年は、3針モデルに傾倒してたんですが、今年はやっぱクロノが欲しいと思ったら、スピマス購入してました。スピマス購入は4本目なんですけど、この時計は手放さないで長く付き合いたいですね。最近、普通のスピマスが欲しくなってきました。

(私は色々なスピマスを所有しましたが、流れ流れて最後はふつ〜のスピマスに辿り着いたって感じですね!;おじゃる談)


■スピマス野郎会員 No.27■(2回目ご投稿) テツ さん; スピマスプロ コンビ 掲載日;'02/5/3

 80年代に作られたプロフェッショナルのコンビモデルです。限定モデルでは無いようです。このモデルはコンビといってもベゼルとブレスがゴールドであり、リューズとプッシャーはステンレスのものです。間違いではなくこれで正解のようです。ブレスナンバーはステンレスのものと同じで、1171、FFは633です。プロフェッショナルのコンビは非常に希少ですのでこれからも機会があればゲットしたいです。特にMIURATさんの白文字盤のコンビをねらってます

(No.27のテツさん、今度はDD145-022での登場です。いつも珍しいモデルをご投稿頂きましてありがとうございます。;おじゃる談)




その10 


(C)Copyright 2001-2004 Ojaru All Rights Reserved