スピマス裏技 MISSION ; 3 MISSIONS;
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】
【6】
【7】 【8】 【9】 【10】
【11】【12】【13】【14】【15】
【16】

キズだらけベゼルを新品に交換プロジェクト

■新旧ベゼルの差異ついて■
 基本的にセカンド(多分サードも)、フォース、現行ともベゼルのサイズほぼ同サイズです。外径39.5〜39.8mm、内径34.5mmです(実測)。プリントの書体に現行物とOLD物には微妙な差があります(画像参照)。今回はOLDモデルを使用しましたが、現行から現行への交換は問題ありません。ショップ売りのOLDスピマスでも良くベゼルが現行の物をよく見かけます。ただ多少汚くてもOLDの味を大切にするか、ピカピカにリファインしたものを好むか、それは個人の考え次第・・・。
この作業を行う場合、ベゼルをはめる際に結構握力(指先力?)が必要ですので、筋力に自身の無い方は考えた方が良いですよ!
(注意;個体によっては手でははまらない場合があります。そんな時はこんな道具を使ってみて下さい。今回はヘアームースの蓋を使ってみました。要はベゼルと同じくらいの内径のパイプなどで、ベゼル全体を均一に押し込む事です。これだと以外に簡単にはまりますよ!キズをつけない様にベゼルに当たる部分にビニールテープなどを貼ると良いですねッ!)

1.ベゼルをはずす準備です。今回は大きめのマイナスドライバーの先にビニールテープ(キズ避け)をグルグル巻き付けます。先の平たい固い物で代用可です。
2.ベゼルとケースの間にドライバーの先を入れ、ねじります。ビニールテープを巻き過ぎると入りません。巻かないと確実にケース本体にヘコミができます。
3.パカーンと簡単にはずれるでしょう!
4.ベゼルをはずしたついでにお掃除をしましょう。結構、ベゼルとケースの間に頑固なゴミがたまってるので、尖った物でコソギ落とします。
5.今回は'61年製セカンドと'67年製フォースを試しに行ってみました。因みに現行とOLD物のベゼルはサイズはほぼ共通ですが、微妙に字の書体が違います。
6.新品の現行物ベゼルを用意します。現行物の方が、OLD物に比べて文字が小さく、細い書体です。
7.ベゼルを実際に本体にはめます。実際のはめ込み作業時は時計保持台などを使用して下さい。
8.まず、12時位置にタキプロダクトの60を合わせます。そのまま6時位置に120を合わせて、軽くはめます。ここで再度タキプロダクトがずれていないのを確認して下さい。
9.ずれていないのを確認したら、12時と6時の対角同士を力一杯押し込みます。この段階でパチっとはまる場合もありますが、大概、ギュッとはまる感じです。 10.次に3時と9時位置の対角を力一杯押し込みます。するとパチーンっとベゼル全体がはまります。(はまらない場合はこんな方法で以外に簡単にはまりますよ!)。
11.サイドからしっかりベゼル全体が隙間なくはまっている事を確認します。タキプロダクトの目盛りずれがないのも確認して下さい。ずれていたらもう一度、2.に戻りってはずします。

完成!見事綺麗なベゼルに変身!!

番外!ベゼル無しのセカンド、別の時計見たいでしょっ?
スピマスは、ベゼルがデザインに大きく寄与している証明です。


OLD物ベゼル(全体に字体が大きく太い)-1950〜60年代物 現行物ベゼル(字自体が小さい)-数字の”275”上の間隔に注目 タキメータベゼルの入手に関して
当方で交換用のタキメータベゼルをはじめ、特殊用途ベゼルのパルスメータ、テレメータ、デシマルメータベゼルを販売しておりますので、必要でしたら「スピマス野郎営業部」を覗いてみて下さい。もちろんオメガ純正パーツです。メーカーでは一般にはパーツ単体での販売をしておりません。当方でベゼルをご購入頂き、自分で換装するのは自信が無いと言う方には、工賃サービスで換装を施工致します。その場合、時計の往復送料は別途ご負担頂きます。
■注意■ あくまでも洒落の範囲で行って下さい。また、この裏技を実行した事により大事なスピードマスターを故障、破損させても当方は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。



(C)Copyright 2001-2004 Ojaru All Rights Reserved