スピマス裏技 MISSION;10 MISSIONS;
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】
【6】
【7】 【8】 【9】 【10】
【11】【12】【13】【14】【15】
【16】


ウルトラ警備隊標準装備品!

 昭和41年より始まったウルトラシリーズ中一番の名作と言われている
第3弾ウルトラセブン(1弾ウルトラQ、2弾ウルトラマン・・・)。このウルトラセブンはそれまでのシリーズの怪獣対決物から一線を画して、宇宙からの侵略者から地球を防衛する事がメインテーマであり、怪獣との派手な格闘シーンが無い幕もあり、当時のチビッ子たちの心を掴むまでには至らなかったちょっと悲劇的なシリーズでした。しかしその脚本には唸らされる物が多く、一見して理解出来ないような消化不良気味の内容もあったり、後から「う〜ん」と考えさせられるものもありました。そこがこのシリーズの名作たる所以だと思いますが・・・。

 そのウルトラセブンの劇中で宇宙からの侵略者と戦う世界的防衛組織が地球防衛軍TDF(Terrestrial Defence Force)です。その中でもエリート中のエリートによって構成されたチームが
ウルトラ警備隊なのです。その割りに放送初回に「そう、モロボシ ダンとでも呼んで下さい!」と言ってふらっと現れた”風来坊”が入隊出来てしまうのだから、不思議だ!。

 劇中の中では我らが
スピードマスター、それも放送当時のリジナル1966年物(或いはそれ以前かな?)の3rdモデルが随所に登場します。ウルトラセブンシリーズは前述した様に地球を侵略する宇宙人との戦いがメインテーマなので、自ずと宇宙でのウルトラ警備隊の活躍も他のシリーズに較べてとても多いのです。正しく「SPACE WATCH!」である。当時NASAの標準装備品に認定されるのと同時期に、ウルトラ警備隊でも標準装備品として認定されていたのでしょう

第17話「地底GO!GO!GO!」
 炭鉱の落盤で閉じ込められた「次郎」。酸素量から考えて」生き残れる時間はもう少ない。ダンはスピマスを見てあせる!そう、「次郎」とはウルトラセブンが初めて地球に来た時に、その勇敢さを見据えて姿を模したその本人だったのである。でも誰も「次郎」とダンの顔が瓜二つなのには触れない、不思議だ!
第9話「アンドロイド0指令」
 おもちゃ爺さんがチビッ子たちに配った本物そっくりの銃やライフルの玩具は、実はある特定の周波数の信号で本物と化す。それらを携えたチビッ子たちの軍隊が地球征服攻撃をする。相手がチビッ子たちなので大人は手も足も出せないというチブル星人の心理作戦「アンドロイド0指令」であった。この計画を知ったダンが桐山隊長に報告する。
 ダン「アンドロイド0指令が午前0時に発動されます!」、桐山隊長「なに!?」と言って
スピマスで時間を確認!

 同じ回で作戦室でくつろぐ桐山隊長の右腕には、白かシルバーの文字盤の
デイトジャストっぽい時計がはめられていたのに、いつの間にスピマスにはめ換えたのか、不思議だ!
第6話「ダークゾーン」
 宇宙から一定周期で送信されてくる怪電波を通信隊員が発見。
スピマスでその時間を測定しているシーン!ウルトラ警備隊員以外もスピマスは標準装備か?
 実は怪電波の正体は宇宙空間を旅するペガッサ星人の宇宙都市「ペガッサ・シティー」からのものであった。宇宙航行用の動力源が故障し、地球との衝突を避けるために地球の軌道変更を要請するメッセージだったのである。地球の軌道変更など出来るはずもなく、仕方なく「ペガッサ・シティー」を爆破。
 アマギ隊員「爆破まであと5秒です。」と
スピマスで秒読みをする。
 しかし、地球破壊の為にひとり地球上に送り込まれたペガッサ星人特殊工作員はセブンとの決着がつかず、暗闇へと逃亡!今も地球のどこかで生活をしているのか?不思議だ!
第47話「あなたはだあれ?」
 深夜、団地が丸ごと入れ替わると言う秘密裏の内に侵略が進んでいくフック星人の地味ーな計画です。酔っ払って帰宅した「佐藤さん」(ウルトラマンでは科学特捜隊キャップにて登場!)の電話通報にてこの計画が発覚。ダン、フルハシ両隊員が作業服姿で問題の団地を張り込み中、スピマスにて時間を確認。しかし一般人の電話通報位で出動してしまうウルトラ警備隊って何?不思議だ!
その他の気になる装備品
ビデオシーバー

 ウルトラ警備隊員の連絡に常時使用されていた物で、通常は左腕にはめられています。従ってスピマスは隊員服着用時は右腕にはめられているケースが多いです(左腕の時もあり)。子供心に夢にまで見るほど欲しかったアイテムでした。ケータイも今にこういう感じになるのでしょうかねぇ。
おまけ!憧れのアンヌ隊員
「ウルトラセブンの正体は私たちのダンだったのよ!」
 (最終回より)
「明けの明星が輝く頃、一つの光が宇宙に帰っていく。それが僕なんだよ・・・」

(製作・著作 円谷プロ/TBS (C)TSUBURAYA PROD.) 無断転載を禁じます。


(C)Copyright 2001-2004 Ojaru All Rights Reserved