スピマス裏技 MISSION;15 MISSIONS;
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】
【6】
【7】 【8】 【9】 【10】
【11】【12】【13】【14】【15】
【16】

The Ultimate Customizing of the Speedmaster !

Chapter 1; Simulations

 昨年発売された三越限定モデルのシルバー/ブラックのツートーンダイアル、かなりカッコ良いですね。私、10年以上黒文字盤のスピマスプロを使い続けてきましたが最近ちと倦怠期!それでは三越限定買えって?いえいえそれではつまらない。だったら慣れ親しんだマイ・スピマスの文字盤をはじめ、外装パーツを交換してリフレッシュしてみようじゃないかと。
 今回はおじゃる流にスピマスプロをカスタマイズして倦怠期をぶっ飛ばそうと言う企画です。
題して「
The Ultimate Customizing of the Speedmaster!」(ちょっと大袈裟過ぎ!?)

今回の企画の為に集めたパーツが文字盤5種に針セット3種、おまけにステンレス・ベゼルです。他に10周年記念モデル補修用の銀文字盤や1st.レプリカモデルのアローハンドなどもありましたが、これらはカスタム・スピマスの定番パーツでこの組み合わせをしばしば目にすることから、今回この2つはパス。もっとユニークなそれでいて完成度の高いスピマス製作を主眼に置き、黒文字盤から一気に180℃転換して白系の文字盤とそれらに合わせた針を集めてみました。それでは個々のパーツを紹介しましょう。

1.Donors
折角これだけのパーツが揃ったんだから、1本だけ作るのもちょっと惜しい。そこで今回は2パターン2本を製作。左が日常もっとも使用頻度の高いお気に入りの’94金機械プロ、そして右が’87赤金機械プロです。どうせ作るんだったらスペシャル色満点が良いですから、あえてこの裏スケルトンモデル2本を選択しました。

2.Dials
25th Chronometer Silver Dial for BC148.0062

1994年に発売された月着陸25周年記念モデルの限定数500本WGモデルに使用された銀文字盤です。「CHORONOMETER」表記と、中心から放射状に入ったライン(旭光仕上げ)が燻し銀の様な非常に綺麗な文字盤です。

Italy Domestic Limited Ivory Dial for ST345.0818

1998年にOMEGA社創立150周年記念として500本限定でイタリア国内のみに発売されたモデルの文字盤です。白と言うよりもアイボリー(象牙色)の淡い黄色味が独特の雰囲気を醸しています。インデックスは蛍光塗りです。
YG Combination White Dial with PROFESSONAL for DD145.0022 (DL?)

隣のイタリア限定の文字盤に較べて、一際純白が美しい文字盤です。筐体自体は10th補修用の銀文字盤に酷似していますが、プリント表記の書体が近年物のそれです。金のアプライド・インデックスです。
German market Grey Dial for ST345.0803

スムース形状のケースで有名なジャーマンモデルに納められたグレー文字盤です。光源によってはラベンダーの様にも見えたりする魅惑的な色彩が魅力です。ジャーマンモデルのケース同様に文字盤表面もマット仕上げされています。左3つの文字盤に比して若干外径が小さいため、換装には幅広のテンションリング(+風防)への交換が必要になります。
YG Combination White Dial for DD145.0022(DL?)

これまた純白が美しく、スモールダイアルとインデックスの金装飾が優雅さを醸しています。ジャーマン同様、「PROFESSONAL」表記が無いのも特徴ですね。これも左のグレー文字盤同様文字盤外径が小さいため、換装には幅広のテンションリング(+風防)が必要です。

3.Hands & Other
Black Hands

イタリア限定モデルをはじめ、白系文字盤には相性の良い針です。スピマスは文字盤と針が対照的な色の組み合わせで視認性を高めていることが特徴の一つですね。
Gold Hands

この金針は特にコーディネートが難しいですね。やはり文字盤に金装飾が施されている方がグッドルッキングかな?1960年代のGFシーマスタークロノグラフCal.321の物だと思われます。入手困難でした〜(汗)。
Silver Hands

ステン光沢仕上げの針です。銀文字盤に装着するとカメレオンの如く埋没してしまいそうです。さてこの針、何のモデル用なのかな?不明です。これもOLDシーマスクロノ用(SSモデル)かもしれません・・・。
1st. Reissue SS Bezel

1st.レプリカに使用されている300から始まるステンレス無垢ベゼルです。これひとつ交換しただけでもスピマスプロの印象はガラリと変わりますね。

4.Simulations
 さあ、文字盤5種類、針3種類、ベゼル2種類を順列組み合わせでシミュレートしてみましょう。出来上がりの雰囲気が再現できます。
 作業はまずはじめに実際に文字盤上に長針、短針、センタークロノグラフ針を置いて撮影をしました。文字盤5種類×針3種類の15パターンですね(これが結構時間掛かった!)。
別にケース本体にプリントベゼルとSSベゼルを入れ換えて撮影した画像も用意します。
最後にこれら30パターンをPC上で合成してシミュレート完了です!
 今回はスモールダイアルはセットしませんでした。非常にパーツ自体が小さいため、煩雑な交換作業中に紛失してしまいそうでしたので・・・。またハイブリットな組み合わせ、例えば長短針は黒でクロノ針を金などの異種組み合わせはトライしていません(試しに挑戦しましたが、どうもしっくり来ませんでした)。
 出来上がったのが下の表です。さあ、あなただったらどの組み合わせがお好みですか?またカスタムする時のご参考にしてみて下さいな(^^)

Combinations Bezels
Dials Hands
Black Printed Bezel 1st. Reissue SS Bezel
Black Hands Gold Hands Silver Hands Black Hands Gold Hands Silver Hands
25th Chronometer
Silver Dial
for BC148.0062
Italy Domestic
Limited Ivory Dial
for ST345.0818
YG Combination White Dial
with PROFESSONAL
for DD145.0022(DL?)
German market Grey Dial
for ST345.0803
YG Combination White Dial
for DD145.0022(DL?)

このシミュレーションの結果を踏まえてカスタムを施工してみましょう。
どこかで見た様な組み合わせもありますね(笑)。比較的銀針はどのモデルでもそつなく合いますが、カメレオン効果で視認性はあまり良さそうではありませんねー。金針はやはり金装飾の入った文字盤以外相性悪し。黒は逆に金装飾の入った文字盤とは相性が悪い様ですね。
さあ、どのパターンを作製したか・・・Chapter 2 でご披露です!

Go to Chapter 2; Completed



(C)Copyright 2001-2004 Ojaru All Rights Reserved