MISSIONS;
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】
【6】
【7】 【8】 【9】 【10】
【11】【12】【13】【14】【15】
【16】

OLDスピマス 1967-68-69年製 三兄弟 比較

 オメガ スピードマスター プロフェッショナルはご存知の様に、1968年に唯一の大きな変革となるムーヴンメントのチェンジを行いました。1957年の登場以来載せられて来たCal.321から、今日まで続くCal.861への変更です。俗に4thモデルから5thモデルへの移行です。それに伴なってリファレンス・ナンバーもST145-012からST145-022へと変り、リューズガードなしの3rdモデル003系は消滅しました。外観ではケース自体の形状には特に変更はありませんでしたが、有名な文字盤上のアプライド(植字)のオメガマークが白字のプリントタイプへ変更されたり、裏ブタのシーホース&SPEEDMASTERのレリーフが1969年のアポロ着陸を経て、現在のシーホースのメダリオンと「THE FIRST・・・MOON」のエングレーブへと変ったり・・・。書籍によってはアプライドのオメガマークのスピマスは、全てCal.321モデルであると書かれている物も見た事があります。
 果たして、これら数々の変更箇所は1968年のリファレンス変更と同時に全てが行われたのでしょうか?いいえ、違います。この時期のスピマスを較べると、徐々に移行していったオメガの試行が良く解かります。それでは実際にこの1968年と前後の67年、69年の3モデルを比較してみましょう。

モデル 67年製4thモデル(Cal.321) 68年製5thモデル(Cal.861) 69年製5th-USAアポロ着陸記念モデル(Cal.861)
3兄弟揃い踏み
正面
文字盤正面
ムーヴメント
オメガマーク
文字盤ステップ
(段差)
裏ブタレリーフ
裏ブタ内リファレンス
解説 この時計は裏ブタが交換されている様ですが、シリアルナンバーから67年製のST145-012モデルと思われます。Cal.321搭載、アプライドのオメガマーク、外周いっぱいまで伸びたインデックス、ステップありの文字盤、シンプルな裏ブタのレリーフ。典型的な4th後期モデルです。 一見すると左の4thモデルとまるっきり同様ですが、ムーヴメントはCal.861を搭載し、裏ブタ内のリファレンスも変更後のST145-022になっています。Cal.861登場後の最初期モデルと考えられます。このタイプは製造された期間が非常に短い為、かなりレアです。
アプライドのCal.861は存在するのです。
このモデルの左二つとの完全なる相違点は、文字盤上のオメガマークが現在まで続くプリントタイプになった事です。まだステップありの文字盤は健在ですが、外周いっぱいまであったインデックスが短くなりました。また、裏ブタの記念レリーフは、1969年にUSA代理店がアポロ11号の月着陸を祝って、特別にUSA国内向けに左のモデルのレリーフを削り取って新たに刻印し、販売した物です。結構レアですよ(よくある全世界版とは違いますよ)。
3兄弟揃い踏み
裏面

 この1960年代という時期は裏技MISSION ; 4でも紹介しましたが、スピマスにとっての創世記であり、この様に1968年のモデルチェンジを期に全ての仕様が固まった訳ではなく、徐々に現在のモデルへと変っていった過渡期でもあります。その後、1970年初頭に、現在もその偉業を称える裏ブタのメダリオンと英文が刻印され、文字盤もステップの無いスムーズなタイプに変り、ほぼ現在の仕様の完成形として30年余り造り続けられる事になります。1960年代のスピマスの醍醐味ってこんな所にあるんですねっ!ぞっこんです!!(笑)



(C)Copyright 2001-2004 Ojaru All Rights Reserved