スピマス裏技 MISSION;13 MISSIONS;
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】
【6】
【7】 【8】 【9】 【10】
【11】【12】【13】【14】【15】
【16】


The Customizing of The Mercury Battery Adapter
Chapter 2


実際の削り取り作業は、バイスで固定して地道に削る、エアーで削り粉を取り除く、厚み測定の繰り返しです。カラーの金属部分と黒い絶縁パーツの破損に注意します。破損し、絶縁不良になると変圧できません。
3.1mmまで削り取り完了しました。一応カラー金属部分のバリを面取りし、汚れや削り粉をよーく掃除して下さい。装着後、ショートの原因になります。SR716SW装着状態で厚みは3.4mm、電圧も1.35Vに変圧できています。さあ、搭載してみましょう!
搭載、見事内部機械と面一でフィットしています。当然裏ブタも問題ありません。動作も問題無くしています。一応、このままアダプター使用で不具合が起きないか様子を見ていきたいと思います。
これで問題が起きない様なら、これからの電池交換はSR716SWを入手すれば良いので、簡単に入手出来ます。電池メーカーからのサプライも当分は問題無いでしょう!

   「スピードソニックの未来は救われた!かな・・・!?」

                                                
(おじゃる)




その後・・・。

 
水銀電池アダプター試用後4ヶ月弱でソニックは停止しました・・・(涙) 電池の電圧を測定してみると、まるっきり起電していません(0ボルト)。電池容量を使い切った様です。そこで電池の容量をメーカーサイトより調べてみました(マクセル、Energizerより)。アダプター加工を考えている方、ちょっと待ったです!


型式 サイズ
(mm)
起電力
(V)
容量
(mAh)
343(水銀、標準仕様) 11.6×3.3 1.35 120
344(酸化銀) 11.6×3.4 1.55 100
SR716SW(酸化銀)-試用  7.9×1.6 1.55  21

 今回使用する電池サイズが11.6×3.3mmから7.9×1.6mmとかなりサイズダウンすることから、ある程度稼動期間の短縮は予想していましたが、これほどとは・・・とほほ。 Cal.1255標準仕様の
水銀電池343の120mAhに比べて今回試用した酸化銀電池SR716SWの容量は約1/6の21mAh。343水銀電池で2年ほど稼動するのですから、716酸化銀電池+アダプターで4ヶ月弱しか稼動できなかったのも頷けます。4ヶ月毎に電池交換って言うのも悲しいです・・・。

 さて何か打開策はと考えると、まず今回削り取ったアダプターの縁部分を全て削り取って、アダプター外径と同サイズの寸法のボタン電池を搭載できないでしょうか。そうなるとアダプターを含めた厚さの問題から使用できるボタン電池は、SR1116SW、SR1120SWになります。このふたつのスペックを見てみますと、

型式 サイズ
(mm)
起電力
(V)
容量
(mAh)
SR1116SW(酸化銀) 11.6×1.65 1.55 29
SR1120SW(酸化銀) 11.6×2.05 1.55 55

 それでも電池容量では343水銀電池に遠く及びません。1120酸化銀電池で半分弱の容量で、また酸化銀電池+アダプターで稼動させた場合、アキュトロンの専門サイトによれば15%ほどロスが出るそうですから、おそらく1年は持たないのでは・・・。うーむ、これも根本的な解決策にはなりませんね(というよりこれらの電池を使うには水銀電池アダプターの構造上、更にプラス電極部分への絶縁加工が必要になってきますね)。
因みにこのMISSIONの冒頭で紹介しましたACCUCELL-1の場合を調べてみますと、Energizer製395酸化銀電池(マクセル対応SR927SW)にアダプター部分が着いた物になります。

型式 サイズ
(mm)
起電力
(V)
容量
(mAh)
395(酸化銀 SR927SW) 9.5×2.73 1.55 55

やはりこれも1120酸化銀電池と同様の持続性しか持たないと思われます。
と言うか元々このACCUCELL-1の使用用途は、水銀電池387で稼動する音叉時計(ACCUTRON SPACEVIEWなど)の代替電池として設計された物の様です。387水銀電池はサイズで言うとSR936SW(9.5×3.6mm)で、ソニックなどに使用する343水銀電池=SR1136SWサイズ(11.6×3.6mm)より一回り小さいボタン電池です。これをソニックに使おうと言う事自体無謀なのかな・・・。おそらく387水銀電池を使用する音叉時計は、ソニックなどと比べて消費電力量が少く、そのため一回り小型な水銀電池でもある程度の駆動時間を得られるのかも知れませんね。またより高トルク(高電力量)の必要なクロノグラフ機構を備えるのも音叉時計ではソニックくらいのものですから・・・。


                                             
さあ、どうしましょう・・・・・・つづく。



Back To Chapter 1
Go To Chapter 3 The Final


■注意■ この裏技を実行した事により水銀電池アダプター、スピードソニックを故障、破損させても当方は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。


(C)Copyright 2001-2004 Ojaru All Rights Reserved