The Easy Chronology of
SPEEDMASTER!
Version2.7-040131

 今までの簡易年表とその後集まったデータ、文献などを元に、1957年1st.モデル登場から2000年までのバージョンを作ってみました。名づけて「The Easy Chronology of SPEEDMASTER Pro.!」。基本的にはOMEGA社のVintage Informationからの公式なManufactured and Delivered Dateのデータを元にして作製してます。
 1985年頃までは全てのオメガの腕時計は共通のシリアルNo.を使ってきました。しかしこの頃より48番代はCal.861系を搭載したスピードマスター・プロフェッショナル専用のシリアルNo.となり、そして1999年の新規77番代登場までこの48番代は使われ続けてきました。
 ギャンティーの販売日とこの年表の製造年が数年ズレているケースですが、これは販売店および流通経路におけるストック期間です。ですから販売日から年表上の製造年が4〜5年前の場合、新品でもストック期間が長く、内部の潤滑油劣化が進んでいる可能性があります。ブレスに関しては簡単に付け替えることができますので、厳密な同定はしませんでした。
 また、備考欄の限定モデルに関しては、本数の多い代表的な物、手巻きのスピマスプロのみ記載してあります。この他にもスピマスにはたくさんの限定モデル、謎のモデルが存在しますが、記入してたらきりが無いので書きません。あくまでも簡易版ですので・・・。

 オークションなどの出品物チェックに威力を発揮しますが、あくまでもご参考までに・・・。
「その辺りの年代に製造されたんだなぁ」程度にご理解下さい。また、年代同定に関する有力情報をお待ちしています。宜しくご協力のほどを・・・(メール、BBSにて)。

   ■注意■この年表は手巻きのプロフェッショナル・モデルのみの対応となります。


西暦 シリアルNo. 基本モデル
Ref No.
画像 ブレスレット** 基礎
Mov.
備考
1957 15,500,000 CK2915 それぞれの特徴はスピマス裏技MISSION;4MISSION;5参照。 19mm
ブレスレット

7077
7801
7912
1035
1501
1506
etc.


20mm
ブレスレット

1039
1116
1171
1175
1447
1450
etc.
Cal.321系 それぞれの特徴はスピマス裏技MISSION;4MISSION;5参照。
1958 16,000,000
1959 16,500,000
CK2998
ST105-002
1960 17,000,000
1961 18,000,000
1962 18,500,000
1963 20,000,000
ST105-003
ST105-012
1964 21,000,000
1965 22,000,000
1966 23,500,000
ST145-003
ST145-012
1967 24,500,000
1968 25,000,000
ST145-022 Cal.861系
1969 28,000,000 1970年代中期までのプリント

1970〜90年代初頭のプリント


1990年代以降のプリント



1990年頃までケース裏にシリアルNo.の刻印が打たれていない。


1990年初頭よりケース裏にシリアルNo.の刻印が打たれ始める。



トリチウムタイプ塗料を使用した6時位置プリント



ルミノーバタイプ塗料(トリチウム廃止)に変更後プリント
1969年月着陸記念モデル発売(USA代理店版、全世界版の2バージョンあり)
1970 29,000,000
1971 31,000,000
ST145-0022
(*ST145-022)
1972 32,000,000
1973 34,000,000
1974 35,000,000
1975 39,000,000 1975年アポロ-ソユーズ記念モデル発売(限定500本)。
1977 40,000,000
1978 41,000,000
1979 42,000,000
1980 43,000,000 1980年月着陸10周年記念スペシャルバージョンモデル発売(本数不明)
1982 44,000,000
1984 45,000,000 @
1985 48,000,000 1985〜6年ムーンフェイズ発売(限定1300本+ジャーマンタイプ限定700本)。

1987年ムーンフェイズ発売(本数不明)。
1986 48,100,000
1987 48,200,000
1988 48,220,000 1989年月着陸20周年記念モデル発売(USA版限定2000本+ドイツ版限定250本+全世界版約4000本)。
この頃までケース裏シリアルNo.無し、「r」下がりプリント。

1989 48,230,000 @A
1990 48,240,000
1991 48,260,000 90年代初頭より「r」のプリントが変わる。またこの頃よりケース裏にシリアルNo.の刻印が入り始める。

1998年頃まで針、インデックスの蛍光物質はトリチウムタイプを使用。6時位置のプリントが「T SWISS MADE T」表記でした。

1994年月着陸25周年記念モデル発売(限定2500本)。

1995年アポロ13号25周年記念モデル発売(限定999本)。
3590-50
(
*ST145-022)
1992 48,270,000
1993 48,280,000
1994 48,300,000
1995 48,320,000
1996 48,340,000
3570-50
(
*145-0022
  345-0022)
B
1997 48,350,000 Cal.1861系 1997年頃よりムーヴメントがCal.861よりロジウムメッキタイプのCal.1861に変更される。

1998年オメガ創立150周年記念モデル発売(イタリア限定500本)

1998年頃のデリバリー分よりトリチウム未使用の蓄光タイプが登場。
「SWISS MADE」表記となり、トリチウムの「T]が消えました。

1999年月着陸30周年記念モデル発売(限定9999本)。

新規シリアル77番代登場。

1998 48,370,000
1999 48,390,000
77,000,000
2000 77,00X,XXX バックル左右に開閉用プッシュボタンが付いた新タイプ
BC バックルデザインが変更され、ブレス自体、より幅が広いヘビーなタイプに変更された。。

2000年銀河鉄道999モデル発売(限定1999本)

* 
Ref.は変更されたが相変わらず裏ブタ内には旧Ref.が刻印されている場合あり。
** ブレスレットの詳細はスピマス裏技MISSION;9で紹介してます。


ブレスレットのタイプ参照

@1450系(1447系) A1479系 B149X系 C199X系


基礎ムーブメントの変遷

Cal.321系
赤金メッキ仕様

1957〜68年
初期Cal.861系(863系)
赤金メッキ仕様

1968〜88年頃
後期Cal.861系(863系)
金メッキ仕様

1988〜97年
現行Cal.1861系(1863系)
ロジウムメッキ仕様

1997年〜現在

■注意■この年表はあくまでも個人的な統計と文献、OMEGA VINTAGE INFORMATION、個人コレクターの方々の情報より推測も取り入れて作成しましたので、年代によっては数年の誤差も含まれています。よって、あくまでもその頃の年代の物だな程度にご理解頂くと共に、この年表を利用した商取引に関するトラブルが発生しても当方は一切の責任を負いかねますのでその点はご留意下さい。




(C)Copyright 2001- Ojaru All Rights Reserved